先端環境創成学専攻

環境創成計画学講座 環境材料表面科学分野

担当教員

和田山 智正 教授 吉見 享祐 教授 轟 直人 助教
和田山 智正 教授 吉見 享祐 教授
(工学研究科)
轟 直人 助教

研究内容

環境負荷の少ない新エネルギー開発やエネルギー変換プロセスの高効率化は地球規模における喫緊の課題である。このようなプロセスにおいてナノスケールの薄膜や微粒子材料の果たす役割はきわめて重要である。ナノ材料においては表面や界面の占める割合がきわめて大きく,従ってその材料としての化学的,電子的,光学的性質は表面や界面に支配される。本研究分野では,よく規定された表面系における物理・化学過程の表面電子線回折,プローブ顕微鏡観察,表面振動分光解析とその結果に基づいた材料表面の高機能化や燃料電池電極触媒,二酸化炭素固定化触媒などの新規材料開発を目指した教育・研究を行うことを通じて,環境負荷の低減や低炭素をキーワードとする研究展開を目指す。

研究室ホームページ

http://www.material.tohoku.ac.jp/~kaimenb/lab.html

PAGE TOP