地域連携 環境教育・研究センター

地域連携環境教育・研究センターについて

 環境科学研究科では、平成21年3月に「環境教育・研究センター」を研究科内に立ち上げ、教育と研究の両面から地域との連携を強化してきました。 元々、本研究科は宮城県との間で環境及びエネルギーに関する連携と協力に関する協定を平成16年11月から結んでおり、定期的に活発な意見交換を行っています。 平成21年11月には、仙台市との間で同様の連携と協力に関する協定を結び、地域との連携が益々強くなってきたことを受けて「地域連携環境教育・研究センター」を設立しました。 さらに、東北経済連合会も参画するかたちで平成22年4月には当センターの規約を整え、現在に至っています。

センターのミッション

 センターといっても建物があるわけでも、特別に予算化するわけでもありません。自由活発な意見交換の場(テーブル)とイメージすれば分かりやすいと思います。組織的には「協議会的」なテーブルです。
 組織間で何か打ち合わせすることになると、得てして杓子定規的になりがちで、且つ事前に各組織内でコンセンサスを取ることが必要になることがあります。自由活発な意見交換をする時の足かせになる要因にもなります。また、どの組織で、どんなことが「できるのか?」「できないのか?」 その判断と選択に困ることも生じます。普段からの相互間の話し合いが必要でしょう。

 現在、このセンターでは「できるか?できないか?」「やる気があるか?ないか?」を含めて、様々なトピックを挙げて検討しているところです。

検討中のトピックス

地域の環境及びエネルギー政策、施策に関する連携事業

  • 温泉街からの廃棄物の循環利用と処理に関する技術開発と社会実験
  • 環境関連研究・教育・政策・活動ネットワーク情報データベースの構築
  • 学生・地域住民を対象とした環境関連施設等の見学
  • 県産材の利用促進に係わる連携事業の推進
  • 古紙リサイクルに関する産業界との連携事業の試行

環境及びエネルギーに関する共同研究

  • 生活系の剪定枝や落ち葉のリサイクル
  • 生ごみのリサイクル及び収集方法
  • 古布の新しい活用方法
  • 温泉排水に含まれる砒素及びホウ素の安価な除去方法
  • 土壌中に含まれる自然由来の重金属の安価な除去方法
  • 処分場の排水に含まれる塩分の安価な除去方法
  • 保健環境センター等、自治体の研究センターとの共同研究の推進
  • 競争資金等、外部資金の共同獲得

環境及びエネルギーに関する社会人リカレント教育及び研修

  • 学生・自治体職員・地域住民を対象にした講演会

市民を対象とする環境教育の実施

  • 県民・市民センターでの講座

環境及びエネルギーに関する講演会、研究会等の共同開催

  • 資源循環に関するシンポジウム(ワークショップ)の共同開催
  • 関連学協会との共催事業

地域連携環境教育・研究センターで実施したイベント

平成22年度

エコ発電が未来をかえる夢プロジェクト2010 みんなで灯そうエコページェント!
2010年12月21日~25日 仙台市青葉区勾当台公園
主催:2010SENDAl光のページェント実行委員会
共催:エコページェントプロジェクト2010
・地域連携環境教育・研究センター(構成:東北大学大学院環境科学研究科 宮城県 仙台市)
・NPO法人環境エネルギー技術研究所

第22回環境フォーラム「電気自動車と明日の社会」
2010年7月3日 東北大学 川内萩ホール
主催:東北大学環境科学研究科 地域連携教育・研究センター,電気化学会
後援:宮城県,仙台市,東北経済産業局,(社)東北経済連合会 東北大学工学研究科,東北大学次世代移動体システム研究会
・地域連携環境教育・研究センター(構成:東北大学大学院環境科学研究科 宮城県 仙台市)
・NPO法人環境エネルギー技術研究所

第20回環境フォーラム「北九州の環境と国際協力への取り組み―行政・企業・学界の視点から―」
2010年3月10日 環境科学研究科 大講義室
主催:東北大学大学院環境科学研究科
共催:宮城県,仙台市,(社)東北経済連合会

平成21年度

エコ発電が未来をかえる夢プロジェクト みんなで灯そうエコページェント!
2009年12月19日~23日 仙台市青葉区勾当台公園
主催:2009 SENDAl光のページェント実行委員会
共催:エコページェントプロジェクト2009
・NPO法人環境エネルギー技術研究所
・東北大学大学院環境科学研究科
・宮城県
・仙台市
・河北新報社

PAGE TOP