先進社会環境学専攻

環境応用政策学講座 高温材料物理化学分野

担当教員

福山 博之 教授  大塚 誠 准教授  安達 正芳 助教
(多元物質科学研究所)

研究内容

エネルギー,航空宇宙,ロボット,エレクトロニクスなど先端工学の多くの分野では,材料の特性がその性能を大きく左右する。例えば,結晶欠陥の少ない窒化物結晶が光デバイスやパワーデバイスの性能を飛躍的に向上させたり,単結晶の超耐熱合金が,ジェットエンジンや発電機のタービンブレードとして採用され,エネルギー効率の高い航空機や発電機の開発に貢献する。このように,当研究室では,新しい材料を開発していくことによって,省エネルギーやCO2排出量の削減など環境保全に貢献している。当研究室では,材料物理化学を学理とする機能性材料の新たなプロセス開発と材料プロセスの基盤である高温融体物性の測定法の開発および高温融体のフロンティアを開拓する目標を掲げて教育・研究活動を行っている。

研究室ホームページ

http://www.tagen.tohoku.ac.jp/modules/laboratory/index.php?laboid=17

PAGE TOP