先進社会環境学専攻

環境応用政策学講座 エネルギー・環境材料創製学分野

担当教員

小俣 孝久 教授  佃 諭志 助教
(多元物質科学研究所)

研究内容

人類はこれまで幾つもの歴史的変革を,新材料の発明により成し遂げてきた。古くは鉄器の発明による農業生産性の大幅な向上,最近では青色発光ダイオードによる照明やディスプレイの省エネ,長寿命化,高性能電池や磁石によるエンジンを搭載しない自動車などがその例である。当分野では,固体化学・熱力学に立脚し,人類が直面しているエネルギー,環境,資源に関わる課題をブレークスルーする,新しい材料とその製造プロセスを創成している。具体的には次世代型の超高効率太陽電池,燃料電池,高効率照明・ディスプレイなどの心臓部となる新材料の開発とそれらを素子・装置へと応用する研究を推進し,クリーンエネルギーと省エネルギーを両輪とする21世紀型社会の構築に貢献することを目指している。

研究室ホームページ

http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/omata/

PAGE TOP