先進社会環境学専攻

環境応用政策学講座 機能性粉体プロセス学分野

担当教員

加納 純也 教授  石原 真吾 助教
(多元物質科学研究所)

研究内容

粉体を原料,中間製品あるいは最終製品とする高機能性材料の開発・製造がいつの時代も盛んである。その材料の特性はその組成だけではなく,材料中の粒子充填構造にも大きく依存し,粒子充填構造は粉体粒子の粒子径やその分布など物性・特性値に大きく左右される。したがって,原料となる粉体の生成などの粉体プロセスを精緻に制御し,所望する粒子を取得し,かつ所望する機能を発現させるために,混合や成形,充填,複合化などの粉体プロセスを自在に制御する必要がある。本研究室では,粉体プロセスを自在に精緻に制御するためのツールとしてのシミュレーション法の創成を行っている。本シミュレーションによって,粉体プロセスを最適化することにより,省エネルギー化,省資源化を図っている。また,粉体プロセスの一つである粉砕操作によって発現するメカノケミカル効果を積極的に活用し,都市鉱山からの金属リサイクルやバイオマスからの創エネルギーに関する研究を展開している。

研究室ホームページ

http://www.tagen.tohoku.ac.jp/modules/laboratory/index.php?laboid=84

PAGE TOP