研究科長ご挨拶

環境科学研究科は2003年に創立して,もうすぐ20周年を迎えます。 この間,私たちは,環境科学とは何か,どのような教育・研究を行うべきか,よりよい未来のために何ができるのかを,模索し続けてきました。 その中で,発足当初から取り組んできた事のひとつが文理融合の推進です。 新しいモノを生み出し,それを世の中に生かそうとするとき,単一の視点からのアプローチでは成功しないことが多くあります。 特に,資源やエネルギーの問題では,地球規模で複雑に絡み合った境界条件のもとで最適解を見出す事が必要であり,幅広く・深い知識が求められます。 環境科学研究科には,工学系・理学系のバックグラウンドを持つ教員に加え,社会科学,人文科学を含む幅広い分野の教員が参加して,それぞれの個別分野で世界の第一線で活躍するとともに, 異分野交流を通して環境科学の共通の地平を見出す努力をしてきました。 今後は,これまでに得られた成果を基盤に,さらにもう一歩先に,すなわち,それぞれの分野の知恵を持ち寄って問題解決の処方箋を提案する,環境科学の実践に向けて進んでまいります。

今や世界の多くの国と地域が2050年までにカーボンニュートラルを実現することを表明しています。 しかし,そこに至る具体的な道筋は,まだ霧の中にあります。そして実際にその道を切り拓く使命を託されるのは,今10代,20代の若者です。 環境科学研究科で学んでいる,あるいは学ぼうとしている学生の皆さんには,専門知識を修め地域・社会・世界で活躍する力を培うとともに,問題を俯瞰的に把握する眼力を養い, 自身にとって,また,より多くの人々にとって幸せな未来を選び取っていただきたいと念願します。 環境科学研究科の教育は,当初環境科学専攻の1専攻体制ではじまり,2015年に先進社会環境学専攻,先端環境創成学専攻の2専攻体制に移行して,それぞれ特色あるカリキュラムを整備してきました。 さらに,各種の国際教育プログラムや,研修の実施などを通し,教育目標を実現するための様々な工夫を続けています。 学生の皆さんには,これらの機会を是非積極的に利用して,学びを深めていただきたいと思います。

この2年間,新型コロナウィルスの蔓延で,なにかと息苦しい生活を強いられ,行動を制限される日々が続いてきましたが,私たちが今為すべき事は変わりません。 未来に向けて,共に進んでまいりましょう。

PAGE TOP