教育

教育目標

 本研究科では、総合大学である東北大学の「知」を結集し,持続可能な発展をささえる文化と循環社会の基盤となる社会構造を確立するため,文系,理系という伝統的区分を越える総合科学として新たな枠組みの環境科学を構築し,多様な領域の効果的接近と新たな学問領域を創出することにより,環境問題の解明と解決に関わる幅広い知識と理解力を有しつつ 深い専門性を持ち,国際社会においても活躍できる人材を養成することを教育の目標とします。

 前期課程にあっては,文理一体教育により環境関連の研究を遂行する上で必要な幅広い基礎学力を習得し,研究課題を独自の発想により展開させ,論文としてまとめて学会等にて発表する能力を備えるとともに,広い視野に立って環境問題を捉える俯瞰的な視野と,専門分野における研究や技術・教育指導のための基本的能力を備えた人材,環境政策・地域開発を立案するための素養を備えた人材を育てることを教育目標とします。

 後期課程にあっては,幅広い観点からの社会的要請を視野に入れ研究課題を開拓し,独自の発想からその課題を展開させ,国際水準の論文をまとめて国際会議にて発表する能力を有するとともに,研究経験をもとに関連の環境分野においても主体的に研究を遂行あるいは環境政策や地域開発を提言できるだけでなく,将来とも自己啓発をしながらリーダーとして広い視野に立って国際的視点から研究あるいは環境政策を指導できる人材の育成を教育目標とします。

これらの目標への達成度は, 前期課程においては,

  • 1.独自の発想により研究課題を展開させ遂行する能力
  • 2.学術論文,技術資料,政策資料,文化資料等の理解度
  • 3.国内学会等における研究発表,討論能力
  • 4.学術報告の執筆能力

などで評価されます。
後期課程においては,

  • 1.環境研究や環境政策等の企画・立案・遂行能力
  • 2.学術論文,技術資料,政策資料,文化資料等の調査・分析能力
  • 3.国際的に優れた学術論文を執筆するための基礎学力および関連分野の研究評価能力
  • 4.国際会議等での論文発表能力
  • 5.大学院前期課程の学生に対する研究の補助能力および将来広い視野に立って研究を指導できる幅広い学力

などで評価されます。
従って,学生には,修了時にはそれぞれ上記記載の事項について十分到達し,習得していることが要求されます。

ディプロマ・ポリシー

 環境科学研究科では、環境問題を捉える俯瞰的な視野と高い倫理観及び責任感をもち、専門分野における研究や技術・教育指導、又は政策の企画・提案等を行うための素養として、次に掲げる目標を達成した学生に修士の学位を授与する。

博士課程前期2年の課程
  • 1.独自の発想により、研究課題を展開させ遂行する能力を有している
  • 2.学術論文、技術資料、政策資料、文化資料等を的確に理解できる
  • 3.自身の研究課題および研究分野に関する基礎知識と学力を有している
  • 4.国内学会等における研究発表と討論能力を有している
  • 5.学術報告書の執筆能力を有している
博士課程後期3年の課程
  • 1.環境問題の解明と解決に関わる豊かな学識と高度な専門的知識・理解力に基づく、研究あるいは環境政策等の企画・立案・遂行能力を有している
  • 2.学術論文、技術資料、政策資料、文化資料等を的確に調査・分析ができる
  • 3.国際的に優れた学術論文を執筆するための学力および関連分野の研究評価能力を有している
  • 4.国際会議等での論文発表能力を有している
  • 5.大学院前期課程学生の研究に対する補助能力、および国内外における環境科学分野の研究を先導する能力を有している

カリキュラム・ポリシー

 環境科学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した知識と能力を学生が身につけることができるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

博士課程前期2年の課程
  • 1.文理一体教育により環境関連の研究を遂行する上で必要な基礎学力を習得させ、論文作成、又はソリューション提案等に係る充実した研究指導体制のもとに、広い視野と専門的知識・理解力の獲得を促進する
  • 2.研究課題を高度に実践する能力、及び独自の発想によって課題を展開できる能力を育成する
  • 3.学修あるいは関連科目等の履修を適切に評価するとともに、修士論文、又は政策等の提案型研究成果の審査及び試験を適切に行う
博士課程後期3年の課程
  • 1.研究課題の開拓と独創的な展開、国際水準の論文作成等に係る充実した研究指導体制のもとに、環境問題の解明と解決に関わる豊かな学識と高度な専門的知識・理解力の獲得を促進する
  • 2.研究遂行に求められる高い倫理やリーダーシップを育む機会を提供するとともに、最先端の研究手法ならびに研究成果を学ぶ場を提供する
  • 3.学修あるいは関連科目等の履修を適切に評価するとともに、博士論文に基づき、研究成果の審査及び試験を適切に行う
PAGE TOP