先端環境創成学専攻

環境システム材料学講座 水素機能システム材料学分野

担当教員

折茂 慎一 教授(AIMR) 高木 成幸 准教授  佐藤 豊人 助教  金 相侖 助教
(金属材料研究所)

研究内容

人類が直面する地球規模での環境・エネルギー問題の解決に向けて,本研究室では,『エネルギー利用を目指した“水素化物”の機能設計と学理探求』に取り組んでいる。主要テーマは,将来の燃料電池・水素エネルギー社会を支える基盤材料としての高密素水素貯蔵材料の開発であり,軽量な金属元素や特異なナノ構造から構成される新たな水素化物群を創製するとともに,最先端の原子・電子構造解析やマイクロ波プロセスなどを駆使した多面的な材料開発を進めている。また,高密素水素貯蔵材料に加えて,リチウム高速イオン伝導材料やそれを用いた次世代リチウムイオン電池などの,水素化物のエネルギー利用に関する多様な研究領域を開拓している。現在,国際エネルギー機関(IEA: International Energy Agency)での水素貯蔵材料関連の研究プログラムなどにも参画して国際的なネットワークも広げながら,また原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)のスタッフと緊密に協力しながら,学術的な基盤研究から産学共同での応用研究まで鋭意取り組んでいる。

研究室ホームページ

http://www.hydrogen.imr.tohoku.ac.jp/

PAGE TOP