先端環境創成学専攻

 人類社会の存続を危うくする環境問題に対して鳥瞰的かつ国際的な視座を有し,先端的環境技術による対策を行える人材
(国際的T型人材)を育成することを教育の目標とします。
 地球システム・エネルギー学,環境化学・生態学,物質・材料循環学など環境に密接に関わる専門分野の知識を習得し,これを深く探求したい人,専門を切り開きつつその外に環境科学の視野を広げることに意欲のある人,アジアの国々からの留学生と共に学び,国際性を身につけたい人,深い専門性,幅広い知識,国際性を総合し,先端的環境研究を世界で先導したい人を求めています。
 なお、各研究室は「基幹講座」,「協力講座」,「連携講座」,「寄附講座」のいずれかに所属していますが、入学後は講座の種類によらず本研究科の目標に沿った教育・研究がなされます。

基幹講座

都市環境・環境地理学講座

太陽地球システム・エネルギー学講座

自然共生システム学講座

資源循環プロセス学講座

環境創成計画学講座

協力講座

地殻環境システム創成学講座

東北アジア地域社会論講座

東北アジア地域文化論講座

環境材料物理化学講座

環境システム材料学講座

連携講座

* 先端環境創成学専攻には,教育上のコースとして3つのコースが設置されます。

地球環境学コース
 人類社会の持続可能性にとって極めて重要な資源・素材・材料とエネルギーに関する技術的課題について教育・研究を行います。具体的には,地球環境保全に資する原料処理,素材・材料プロセッシング,リサイクル技術,省エネルギーと環境負荷低減を達成可能な新規材料の創生およびその特性評価技術等に関する高度な専門知識を獲得するとともに,関連する人文社会科学的な基礎事項についても理解を深めます。

応用環境学コース
 環境から採取した原料を産業に供給し,社会に有用な製品を製造する各種産業の中でも,資源・エネルギーの集約性が高い化学製品および各種材料の製造過程の環境負荷低減を目指すとともに,環境を劣化させない新規プロセスの開拓を可能にする先端的知識を獲得します。加えて,環境負荷評価や経済評価などの事項についても理解を深めます。

文化環境学コース
 人類社会の持続可能性には上記の2つのコースで対象とする技術的課題とともに,社会システムに関係する文化的課題の解決が必要です。具体的には社会史,社会人類学,環境法,環境政策,環境経済学,技術マネジメントといった社会に直結する研究分野において,専門性を深めるための教育・研究が行われるとともに,理系の知識についても習得します。

PAGE TOP