先進社会環境学専攻

環境物質政策学講座 地圏環境政策学分野

担当教員

白鳥 寿一 教授
白鳥 寿一 教授

研究内容

新規な製品・物質が世に現れライフスタイルも日々変化する中、リサイクルや廃棄物処理など産業活動を進展させるための静脈的役割を担う分野では、その処理の原理や副生成物の動きの解明といった科学的な検討は必ずしも充分でなく,基礎研究面での進展が必要である。また、このような中で有害物や資源物を管理していくためには、社会制度にうまく反映させていくことが重要である。具体的には,産業界などからの情報の流動化と,客観的な視点からの基礎研究の推進,それを社会に伝えていくことである。本講座では,土壌汚染など環境汚染物質の地圏環境での動態や物質循環、および、環境汚染物質となり得る経済原則により拡散する資源物(E-Scrapなど)に関する新規な分離・分解手法,管理技術ならびに評価技術に関する研究を実施している。これらを目的とした教育・研究活動を推進するほか,それらの社会実装を目指した活動を行っている。

研究室ホームページ

http://www2.kankyo.tohoku.ac.jp/shiratori/index.html

PAGE TOP