先進社会環境学専攻

環境応用政策学講座 金属資源循環システム学分野

担当教員

柴田 悦郎 教授  飯塚 淳 准教授
(多元物質科学研究所)

研究内容

本研究分野は,非鉄金属製錬を活用した金属資源循環システムの構築に向けた研究活動を行っている。主に化学熱力学を学問ベースとした廃棄物処理ならびに資源化プロセッシングの技術開発を行っているが,その他にも新規的な物理選別技術など化学熱力学のみでは対応できない技術課題へも積極的に取り組んでいる。最近の主な研究トピックスとしては,社会システム関連として人工鉱床(R to S)による金属リサイクルシステムの構築や,要素技術に関する研究として、廃電気・電子機器からの金属回収技術、環境負荷元素であるヒ素の安定固定化に向けたスコロダイトの合成、海底熱水鉱床鉱石の乾式製錬技術の開発,希土類等活性金属の製錬プロセス,焼却炉排ガス処理におけるオキシハロゲン化合物生成などの研究を行っている。その他,コンクリート廃棄物のトータルリサイクル技術や超音波照射下のマイクロバブル挙動を利用した排水処理と洗浄技術の開発も行っている。

研究室ホームページ

http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/nakamura/index.html

PAGE TOP