先進社会環境学専攻

環境政策学講座 環境社会動態学分野

担当教員

田路 和幸 教授
田路 和幸 教授

研究内容

東日本大震災後,今後のエネルギーの在り方について国民自らが考える必要性が生じた。 また,地球規模の環境問題である二酸化炭素排出による地球温暖化問題も含めた議論が必要である。 この両方に答えを出すことのできるのは,東日本大震災によりエネルギーの重要性を認識した我々であると考える。 当研究分野では,エネルギーの作り方,ライフスタイルを含めた使い方,さらに理想のエネルギー社会システムまでを研究対象としている。 当分野では,全く新しいコンセプトの技術とそれを使いこなすシステムの構築を行い,実践を通して社会に発信することを目指している。

研究室ホームページ

https://web.tohoku.ac.jp/nano-eco/

PAGE TOP