受賞・成果(2018年度)

  • 2018/08/03
    壹岐研究室 M1 澤村瞭太さんがICCC2018にてApplied Sciences Poster Awardを受賞

    受賞題目 Cellular Uptake and Photothermal Effect of Near-Infrared Absorbing Diradical-Platinum(II) Complex
    受 賞 者 Ryota Sawamura
    連  名 Masataka Sato, Atsuko Masuya-Suzuki, Kousuke Ino, Hitoshi Shiku, Nobuhiko Iki
    受 賞 名 Applied Sciences Poster Award
    学 会 名 43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018)
    会  期 2018年07月30-08月04日
  • 2018/07/13
    土屋研究室 D1 Vani N. Alvianiさんが Grand Renewable Energy 2018 International
    Conference にて Best Oral Presentation Award を受賞

    受賞題目 Utilization of geothermal hot spring water for hydrogen production by Al-H2O hydrothermal reaction
    受 賞 者 Vani N. Alviani
    連  名 M. Uno, M. Oba, N. Hirano, N. Watanabe, N. Tsuchiya, H. Saishu
    受 賞 名 Best Oral Presentation Award
    学 会 名 Grand Renewable Energy 2018 International Conference
    受 賞 日 2018年06月17-22日
  • 2018/07/10
    末永研究室 D3 井田大貴さんが ISMM 2018 にて Best Poster Award を受賞

    賞状画像リンク
    受 賞 者 井田大貴
    受 賞 名 Best Poster Award
    学 会 名 10th International Symposium on Microchemistry and Microsystems (ISMM 2018)
    受 賞 日 2018年06月19-21日
  • 2018/06/27
    井上研究室 D3 John Jewish A. Dominguez さんが環境バイオテクノロジー学会2018年度大会最優秀ポスター賞を受賞

    受賞題目 Plant-induced variability in bacterial PAHs degradation in hydroponic culture of sudangrass
    受 賞 者 John Jewish A. Dominguez
    連  名 John Jewish A. Dominguez, Mei-Fang Chien, and Chihiro Inoue
    受 賞 名 最優秀ポスター賞
    学 会 名 環境バイオテクノロジー学会 2018年度大会(筑波大学)
    受 賞 日 2018年06月25-26日
  • 2018/06/18
    香坂研究室 M1 梶間周一郎さんの研究が都市緑化機構 平成30年度「調査研究活動への助成」に採択

    研究題目 都市のグリーンインフラ政策採用の阻害要因と波及に向けた都市間ネットワークに関する研究:都市林を対象として
    研究代表 梶間周一郎
    事 業 名 平成30年度 調査研究活動への助成
    団体名称 公財団法人 都市緑化機構
    決 定 日 2018年06月18日
  • 2018/06/14
    佐野大輔准教授 日本水環境学会論文賞を受賞

    賞状画像賞状画像
    受賞題目 (主要対象論文)Bacterial histo-blood group antigens contributing to genotype-dependent removal of
    human noroviruses with a microfiltration membrane
    受 賞 者 佐野大輔
    連  名 Mohan Amarasiri, Satoshi Hashiba, Takayuki Miura, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi, Satoshi Ishii,
    Satoshi Okabe
    受 賞 名 論文賞
    学 会 名 公益社団法人日本水環境学会
    受 賞 日 2018年06月12日
  • 2018/05/31
    坂口研究室 M1 後藤遼太さんが平成30年度資源・素材学会東北支部春季大会ポスターセッション銀賞を受賞

    受賞題目 400℃以上の真三軸応力条件における花崗岩の水圧破砕き裂の形態とその水理特性
    受 賞 者 後藤遼太
    連  名 三浦祟宏(M1),渡邊則昭,坂口清敏,駒井武,土屋範芳,石橋琢也(産総研),陳友晴(京都大)
    受 賞 名 ポスターセッション 銀賞
    学 会 名 平成30年度資源・素材学会東北支部春季大会
    受 賞 日 2018年05月25日
  • 2018/05/29
    香坂研究室 M1 梶間周一郎さんの研究が平成30年度糸魚川ジオパーク学術研究奨励事業に採択

    研究題目 ジオパークをめぐる社会ネットワークの解明:ジオパーク・アクター間のコミュニケーションの多様化に向けて
    研究代表 梶間周一郎
    事 業 名 平成30年度 糸魚川ジオパーク学術研究奨励事業
    団体名称 糸魚川ジオパーク協議会
    決 定 日 2018年05月25日
  • 2018/05/29
    駒井・渡邊研究室 D2 Jiajie Wangさんが平成30年度資源・素材学会東北支部春季大会ポスターセッション金賞、M2 黒澤孝太さんが銀賞を受賞

    受賞題目 CO2 Sequestration with Multiple Energy Production: Enhanced Olivine Weathering in Self-heating
    Geothermal Reactor
    受 賞 者 Jiajie Wang
    連  名 Kengo Nakamura, Noriaki Watanabe, Takeshi Komai
    受 賞 名 ポスターセッション 金賞
    学 会 名 平成30年度資源・素材学会東北支部春季大会
    受 賞 日 2018年05月25日

    受賞題目 データ駆動解析によるヒ素の吸着量予測手法の開発
    受 賞 者 黒澤孝太
    連  名 中村謙吾, 駒井武
    受 賞 名 ポスターセッション 銀賞
    学 会 名 平成30年度資源・素材学会東北支部春季大会
    受 賞 日 2018年05月25日
  • 2018/05/07
    塩素消毒はノロウイルスへの淘汰圧として作用する
    -社会インフラが抑制するノロウイルスの進化-

    当研究科水資源システム学分野の佐野大輔准教授は、本学大学院工学研究科、北海道大学、愛媛大学、長崎大学、北里大学と共同で、塩素による消毒処理がノロウイルスに対する淘汰圧として作用することを世界で初めて証明しました。 ノロウイルスは遺伝的に多様であるため、ほぼ毎年異なる遺伝系統のノロウイルスが流行しています。 ノロウイルスはトイレからの汚水に多く含まれていることから、下水処理場、浄化槽及び集落排水処理施設などで処理水を十分に消毒することで、水を介したノロウイルスの感染を防ぐのみならず、遺伝的な多様性を低下させて新型の出現確率を下げることが可能と言えます。また、本研究の成果は、適切な汚水処理施設が普及していない途上国が、新型ノロウイルスの出現現場となっていることを示唆するものです。 持続可能な発展目標(Sustainable Development Goals)にも設定されている「汚水処理施設の全世界的な普及」に積極的に取り組むことは、新型ノロウイルスの出現を防ぎ、日本国内への輸入感染発生の可能性を減じる効果があると言えます。 本研究は2018年4月27日付 Applied and Environmental Microbiology で公開されました。

    詳細はこちら(プレスリリース)
    "Free chlorine disinfection as a selection pressure on norovirus", Applied and Environmental Microbiology
  • 2018/04/03
    香坂研究室の論文が林業経済学会学生論文賞を受賞

    受賞題目 薪ボイラーの導入に伴う地域の社会と環境への効果:三市町村の事例分析より
    受 賞 者 風聡一郎
    連  名 梶間周一郎,内山愉太,香坂玲
    受 賞 名 第十六回(2017年度)林業経済学会学生論文賞
    学 会 名 林業経済学会
    受 賞 日 2018年03月29日
PAGE TOP