小坂研究教育拠点(小坂分室)

小坂分室 小坂分室は、本研究科学生及び職員のフィールドワークやゼミ合宿に供するため開設された当研究科の施設です。
 かつて日本の資源開発の一大中心地であった秋田県小坂町は、現在それらの基盤技術を発展させて、金属資源リサイクル、産業廃棄物処分などの環境事業への展開を進めている地域です。資源開発・利用・環境保全研究などが活発に進められる一方、世界遺産に指定された白神山地や十和田八幡平国立公園の玄関口の一つであり、自然環境に恵まれた地域でもあります。
 地域研究およびフィールドサイエンスの拠点として、小坂分室をご活用下さい。

施設情報

設置場所秋田県小坂町小坂鉱山字尾樽部 32-1
金属鉱業研修技術センター職員住宅 m-2号 (小坂町管理)
使用料金学 生:宿泊費無料,飲食費のみ実費負担
教員等:適宜徴収
備考冬期間(12月~翌年3月末日)は利用不可
利用申込地球物質・エネルギー分野 土屋範芳教授へご連絡下さい

平成22年度利用報告

 平成22年度には本研究科の学生の他に筑波大学生命環境科学研究科、東京大学理学部、産総研地圏資源研究部門、横浜国立大学環境情報研究科、東北大学理学研究科ほかの方々が利用されました。 利用後の感想をよせていただきましたので,webで公開いたします。

PAGE TOP